小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

言い出しかねて

アゲハとキアゲハの区別ってつくかぁ?

つかない気がす。
両者並べてみて、より黄色い方がキアゲハだろーと超大ざっぱに考えていた。

子供の頃、図鑑を見ていても何となくキアゲハの方が黄色いなーと思うだけで、
単にそれは印刷の時のインクのムラかも知れなかった。
実はフツーのアゲハ(ナミアゲハ)も結構黄色いし。
周囲の誰も、違いを明確にすることになんてこだわらなかったし、
明確に説明してくれる大人もいなかった。
恐らく大人も、そう、学校の先生もわからなかったんだろう。
でも、「区別がつかない」なんて口が裂けても言えなかった。
「ねえ、どう違うの?」などと訊こうものなら、
「うるさいっ!しつこいぞっ!!」と悪い子扱いに決まっていたし。
そのへんは子供でも空気は読んでいた。

子供がみんな空気を読まないと思ったらおーまちがいだ。
アンデルセンの童話で「王様は裸だ」と指摘した子みたいに、
現実には子供だって、あーいう空気を読まない正直者ではいられねーんだよっ。

今になって、やっと、調べてみた。

『アゲハ(ナミアゲハ)とキアゲハ』
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/yokunita/ageha1.htm

上の方の羽根のつけ根がくっきり縞模様なのがアゲハで、
塗りつぶされているのがキアゲハなんだそうだ。






アゲハ(画像は『Wikipedia 』より )。












キアゲハ(画像は『Wikipedia』より)。




しかし個体によって模様が曖昧だったりするのって、いないのかね?
という疑問も残るが、それより子供のアタシが最大の疑問だったのは、

成虫同士はこんなに似てるのに、幼虫はずいぶん違う

ということだ。

(以下、イモムシ画像なので閲覧注意)





アゲハの幼虫(画像は『Wikipedia 』より )。




んでもって、キアゲハの幼虫はこんなの。



あ。まちがえた。(←わざとらしい)これは歌舞伎座のエクレアだった。
(画像は「秒刊SUNDAY」経由、Twitpicより)。


本当のキアゲハはこっち↓

(画像は『Wikipedia』より)。


ずいぶん違う。
どうしてこんなに違うものが、あんなに似たものに成長するのか。



しかしカラスアゲハとミヤマカラスアゲハの区別もつかんぞ。おい。
両者も幼虫は互いに似てないのかどうかは知らない。

ミヤマカラスアゲハの方は山奥に住んでんでしょ、というのは想像つくが、
もっと見た目だけでわからないものか。

どっちかというと黒っぽいのがカラスアゲハで、
緑っぽいのがミヤマカラスアゲハなんじゃーないかと、あたしは無理矢理自分を納得させていたが…。
これもやっぱり図鑑で見ると、単なる印刷インクのムラにしか見えないし。



そんなことより、ここはいつから虫ブログになったんだ?

サウナか? それはムシ風呂。
何か最近、無視虫の話ばかりしてる…


ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR