小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

株とパチンコ

ブログタイトル変えました。まあなんというか、そういうことだ。特に意味なーし。



これだけ沢山の企業が上場しているんだし、
全部の中から自分が売買する銘柄を選びたい、と思ってしまう。

しかるに儲けている人のやり方を見ていると、あらかじめ利益が取れそうな数銘柄~数十銘柄をピックアップしておいて、その中で売り時、買い時が来たものをかわるがわる仕掛けて回している様子。
他の銘柄には無関心ぽい。

実際「銘柄選びはムダ」という説もある。
どんな銘柄でも安い「時」に買って高い「時」に売れば、それで儲けが出るのだから。

仕掛けようとするたびにいちいち全部の中から抽出していては大変な労力になる。
いや、自動抽出ソフトなども多数出回ってはいるが。
でも、一社一社について詳しく調べようと思ったら人間が覚えてられるのはせいぜい数十社だろう。
そうすると自分が管轄外にしている銘柄については、たとえストップ高になろうと無視するぐらいのが賢いんでしょうね。。。




ところで、パチンコについて。
あれもまー、やったことはあるんですが、どーも馴染めん。
というのも、通常、パチンコ台というのは、↓下図のようなの。


こう、真ん中の画面のとこが円形になってる。
だったらこの円形の中のいろんな所を狙って打ってみたいと思うじゃないのよさ。
いろんな所へ打てるからこそ楽しいし、「遊んでいる」感覚も得られるというもの。
ところが、それじゃダメなんだと。
穴に入れるためには、狙う場所が決まってて、それ以外へ打ってはいけないらしい。



←左図の黄色く〇をしたあたりだけを常に狙わないといけないそうだ。
実につまらん。1か所だけしか狙えないなんて。
だったら円の他の部分はムダになるではないか!
何もわざわざ、画面を円形に作る必要はないんではないか。





というわけで、あたしの考えた理想のパチンコ台。
どーせ上部中心よりちょっと右寄りにしか打てないんだったら、いっそそこで止めちゃって、その下のムダな部分はそぎ落とす。
これでいいじゃん。



どんなに沢山の銘柄があっても、自分のよく知る一部の銘柄だけに投資し、
円内のいろんな所へ玉を打てる自由があっても、そのうちの一部に向けてしか打たない。
そうでなきゃ儲ける人にはなれないのですかね。

だってあちこちちょっかい出して迷うの大好きなんだもん。
わざと道に迷ってみたりするし。「こっちへ行ったらどうなるかな~」なんて。
ランチに何食うか、メニュー決めたりするのも、その店のすべてのメニューを把握してから十分に時間をかけて比較検討した上で選びたい。
一度選んじゃえば「やっぱりあっちにすればよかった」みたいな後悔はあまりないけどね。
心ゆくまで、十分に納得できるだけ迷わせてさえくれれば。

成功法則? 自己啓発? の本やサイトでさ、
「迷ってばかりいる奴は成功しない」とか書いてあるのをよく目にする。
ランチなんて些末なことにいちいち心を砕くなと。

うるさい! ワシゃー好きで迷ってるんだ。ほっといてんか。


例えばマジックショーなら、「絶対にタネを見破ってやる」と思って見るんじゃなくて、
「だまされている自分を楽しむ」という見方がよろしいらしい。

だったら同様に「迷っている自分を楽しむ」のだってありだと思う。


ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR