小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

ポールシフト

マンモスって、いるじゃん。

日本では北海道だけに生息していたようだけど。

北海道は日本の他の地域に比べると寒いから、つまりマンモスは、冷涼な気候を好んだということにされてるらしい。

しかし。


あれってさー、言ってみりゃーじゃんよ。

象ならさー、インド象とかアフリカ象とかいるように、どう考えてもあったかい所を好む動物なんじゃないかと。

だからマンモスが寒い所を好んだという説はずっと疑わしいと思っていた。



じゃあなぜ北海道だけにいたのか。

それはあれだ。マンモスが生きてた頃は今とは逆で、北海道は他の地域より暖かかったからに他ならないんじゃないか。


そうやって北海道中華思想のように、地球の中心に置いて考えると、北極はどっちで南極はどっちで赤道はどのへんだったのか。現在の地球の状態はまるで参考にならない。


そんなことが↓この本のどっかに書いてあった。多分下巻の方だったか。




デーヴィッド・アイクのことは前にも話題に出したことがあったし、今後も出てくると思う。

サッカー選手? そんな体育会系の奴に何がわかると当初は偏見丸出しで思っていたけれど。
確かに全くの偏見でした。どうもすみません。

2009年の6月頃これを読んで、いろいろ思い当たるフシがあった。でも一度ではとても書ききれないので今後ときどき小出しにしていく。
訳者の太田龍氏のこともその時初めて知り、興味を惹かれたので、本に書いてあった氏のサイトにアクセスしたところ……

いきなり、「お別れ会のお知らせ」の文字が目にとび込んできた。
そう、ちょうど亡くなられたばかりのときだった……


生きている間に間一髪で間に合わなかったのね……




ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR