小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

デイサービスとは

デイサービスなるものもすっかり定着したかのような昨今。

年寄りも、学生やサラリーマンみたいに定期的にどこかへ通わなくてはいけないたぁ難儀なこった。
こんなの昔はなかったよなあ……確か。
できたのはいつごろだったろう。
あれは確か。

80年代初め頃のある日、テレビで「老稚園」なるものが取材を受けてた。
年寄りを集めてお遊戯(盆踊りみたいなこと)やらお絵かきをやっていた。

今考えると、あれがハシリ。

還暦過ぎれば子供に戻る、との言葉を年長者の余裕で受け入れて、
来ている方々もどこか、「シャレでつき合ってやってる」感を漂わせていた。

いたのに。

今じゃいつの間にか、マジになっちゃってる。

その後法改正とかあって、デイサービスとかかっこよさげに名前を変えて、
雨後のタケノコのように民間業者がわらわら沸いてきて。


ところでさー、デイサービスの車(送迎車)って、怖くね?
歩道のない道とか、ギリギリまで寄せてくる。
中の利用者が降りる時に、少しでも歩く距離を少なくしようとしてるんだろうけど。
偶然近くを歩いていた歩行者としては、ひかれそうで怖くて仕方ない。

「我々は、お年寄りを安全に家まで送りとどけるんだあぁぁーっ!」
という使命感というか、必死さが、車体の外までオーラが滲み出てくるようで。

ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR