小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

2014年12月30日の追記~アタシの推理~

意識的欠字多し。


(関連記事:『永遠のアイドル』)

この記事書いた時は知らなかったけど、真理さんとくだんの外国人歌手は同じ事務所だったらしい。
そんなことも知らなかった。
真理さんの所属事務所は大手の〇〇〇〇だと知ってたけど、外国人歌手の事務所なんかど~でもよかったもん。

上の関連記事にも書いた、例の「トルコ疑惑」雑誌記事が出た時、なぜ事務所は何もしなかったのか。
所属タレントを守るため、名誉棄損とかで出版社を訴えたりとかは芸能プロダクションならふつーするんじゃないか。
と言うと、
「あの頃はそうした権利意識が薄い時代だったから」
というのが一般論というか、ネット上でも定説となってしまってる。
しかし本当にそうかあ?
当時本当にそうしたことで訴えたりというのがプロダクションとマスコミの間で皆無だったっけ? 疑問。

しかし本当は。

記事が出る以前から、実は真理さんの人気には陰りが見えていた。
飽きられてきたのもあるにはあったが、そこで事務所は大した対策を打たず、外国人歌手に力を入れ出したことが大きい。
真理さんと外国人歌手のファン層は、かなりかぶっていた。
上記の関連記事にも書いたように、あたしの周囲の子達も一斉に真理さんから逃げて、あっちのファンになってしまったし。

記事は人気の凋落に、さらに追い打ちをかける役割を果たしたに過ぎない。
事務所としては、むしろそれは望んでいた事態だったのでは。
これで心おきなく外国人歌手の売り出しに力を注げる、と。


で、ここからはあたしの推理なんだが。

現在の大人になった真理さんは、コトの真相をすべて理解しているはず。
理解した上で黙っていらっしゃるはず。

ゴシップ好き、詮索好きな諸兄の中には、疑惑を雑誌にリークしたという、真理さんの言う「俳優のK」とは誰のことか気になって、検索で当ブログに来られる向きもたまにおられる様子。

しかしあたしが考えるに、俳優のKなる人物は存在しない
いや、万一存在していたとしてもダミーみたいなもんで、当人自身の悪意は大したことない。
単なる事務所の手先として動いただけだからだ。

ん? 事務所?

事務所が自分とこのタレントを陥れるようなことを別のタレントに命令したりすんのか?
だとすると諸悪の根源は事務所だとでも?

いや。

なぜ事務所はそんなことをしなくてはならなかったかを考えよう。

事務所よりももっと力の大きななんかの勢力に、
「外国人歌手を売り込むように」頼まれて(圧力をかけられて?)いたんではないかと。

おいおいwwwなんかの勢力って何だよwwwwwwwwwwwwwwwww


まあ例えば、あくまで例えばだけど、
外国人歌手の出身国(地域?)とか。
か、それに準ずるなんか

実は。

その勢力が当初、最も売り出したかったのは、外国人歌手ではなく、彼女のだったのではないかとアタシは考えているのです。。。

姉は本人より先に日本でデビューしていたが、全然売れんかった。
しかし奴らは、どうしてもその国の歌手(或いはその一族の誰か)を日本で有名にするという野望(或いは有名にしなけりゃいけない事情)があって、今度こそはと妹を送り出すことにした。

しかしフツーに売っていたのでは、姉の二の舞になるだけだ。

そこで一計を案じた。

日本人の、ファン層のかぶる別な子を先行で派手に売り出し、国民的アイドルに仕立てておく。
頃合いを見てその子のスキャンダルを流し、人気を落とす。
入れ替わりに妹(当の外国人歌手)を力を入れて売り出し、その子から離れたファン達を取り込む。

その、先行で派手に売り出されるために白羽の矢が立ったのが真理さんというわけだ。
いわば、焚き付けみたいな役割。
最初から真理さんはそんな役割を負わされてデビューさせられたのだが、ご自身はそんなこと知る由もない。
だとしたら?

真相を知った時は、そりゃあショックだっただろう。
小室にふられた時のK原T美以上に。

しかし、しかし。

真理さんのエライのは、真理さんの側からは外国人歌手の悪口や事務所への不満は一切聞かれていないとこだ。(あたしが知らないだけ?)
これはすごいことなんではないか。
いやーさすがは真理さん。


以上のような推理にどうして至ったかというと、現在の外国人歌手の立ち位置、地位から見て逆に考えていったらわかる。

現在外国人歌手は、国連機関である〇〇〇〇と勘違いさせるような名前の日本〇〇〇〇協会の大使に成り上がっている。
よく考えたらアイドル時代当時から、大学行ったり留学したり、いろいろしていた。
それは将来こうした地位につくことを見据えての行動だったのでは。
アイドルでも何でもまず有名になっておいて、その上でキャリアをつけるという。
もともと頭は非常に良い人らしいし。(本人だけが? 一族全体?)


日本〇〇〇〇協会の職員の人から以前聞いたことがある。2013年のことだ。
「わが日本〇〇〇〇協会は認定NPO法人ですから、寄付をすると税金控除が受けられます。
〇〇〇〇へ寄付をしても認定NPOじゃないから、税金は戻ってきませんよ」
と。

だから寄付をするなら〇〇〇〇じゃなく日本〇〇〇〇協会へ、というんだが、これ本当?

しかし税金控除を目当てに寄付をする、それをウリにするというのは、寄付の姿勢としてはいかがなものか。


たかが昔のアイドルネタとナメてちゃいけない。
現在にも密接に繋がってくるのだから。
今なお外国人歌手周辺では、〇〇〇〇か日本〇〇〇〇協会かで、ネットでもめてる様子。
つい最近もひと騒動あったばかり。


真実追究系のニュースを主に記載している若い人のブログとかで、日頃からいつもかなり鋭いとこを突いているのがあったりするけど、
惜しむらくは当人が他人のブログを見た時、
例えば「百恵ちゃんがね~……」なんて話が書いてあったりすると、
古いっ、高齢者、ジジババ、とばかりに切り捨てて、あとは見ないという姿勢でいることだ。

ふっふっふっ甘いな若僧。
すべては歴史の上に成り立っているのだよ。





2016年4月19日追記:
え? アタシ、天地真理さんのことが書きたかったわけじゃありませんけど……
名前を出せる人はいーんです。
ここで名前を出せていない「その人」が今どういうことになっているのか、
文章の文字面より行間を読んで欲しいんすけどね……

ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR