小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

食後のスープ

旗が立っているようなお子様ランチを食べなくなってしばらくした頃、生まれて初めて西洋料理のコースなるものを食す機会があった。

今どきのお子様ランチって旗なんか立ってないんだっけ? 最近気をつけて見てないからわかんないけど。
でもお子様用メニューというのはファミレスとかにはあるはず。

実際料理と音楽は100年あればかなり変わる。
それに比べると文学とか美術とかは変わらない部分が大きい気がす。
「いや、変わってるぞ~」という当事者の反論もあるかも知らんが、今日はそちらをとり上げるのは本題ではない。

冒頭に西洋料理と書いたが、70年代のこと、じゃあ「どこの」料理だったかというとこれが曖昧で、はっきりフレンチとは言い切れない。恐らくだけど、かなりアメリカ料理入った感じ。
一応ファミレスではないレストランだったが、当時は結構そういうものを店側も出してしたし、客もありがたがって食べていた。

で、驚いたって程ではないけど、「えっ」てなったのが、最初に前菜だったかが出てきて、食べ終わると今度はスープが出てくる、で、それを食べ終わらないとおかず(※ メインディッシュ)が出て来ないことだ。

和食ならさ、食べさせるものが最初にお膳で全部出てきて、どれから食べるかなんて自分で決めれるし(漬物は最初に食べてはいけない程度のゆるい決まりはあるが)、味噌汁を最初に全部飲み干さなくてはいけないってことはない。

一品全部やっつけてからじゃないと次に移れないというのは結構な拷問だと思った。
途中で飽きても、別なものに手を出すわけにいかないのだ。

何よりウザイのは、一品を全部食べ終わったタイミングで次のが出される、ってことは、
給仕役の人は、こっちが食べているのをしっかり監視して、次を出すタイミングを見計らっていることだ。

それって非常に疲れる仕事だなーオイ。
気ぃ抜けないじゃん。給仕だって気の毒だ。
お膳なら最初に1回出して、あと食べ終わるまでほっときゃいいのに。

こっちだってさ、何人かの連れで来てるんだから、監視してるってことは、うちらのグループの会話の内容もまるわかりってことでしょ。
プライバシーないじゃん。やだー恥づかし。

学校給食では、ひとつのものを食べ終わってから次に移るのは、バランスの悪いよくない食べ方だと教わった。
パン、牛乳、おかずの順に食べるとバランスがとれていいですよ、と。
生徒達も素直にそれに従った。
ひとつを全部食べ終わってからじゃなきゃ他のは食べたくないなんてゴネる子はいませんでしたけど?
それを「三角食べ」というのだとは、大人になってから嘉門達夫の歌で初めて知ったが。

でも今じゃー何か、今ちょっとネットで調べてみたら、一品食べの方が上品だって主張が強いのな。
ケッ! この西洋かぶれが。
和食でも高級な所は一品ずつ出てくるとな。
そりゃーあれだ、国際交流が盛んになるにつれて、和食も西洋に引けをとらないものにしようと考えた料理人達が、
もったいつけて一品ずつ出すようになったってだけじゃねーの? せいぜいここ2~30年の話でしょ?
さっきも書いたように、「料理と音楽は100年あればかなり変わる」のだからして。出し方だって変わるわな。
高級な和食店では、おかずを食べる前にミソスープを全部飲み干せとでも言うのか?

ウィキを見ると、結構ボロクソ書かれてんな。
『三角食べ』(Wikipedia
(以下引用)
具体的には、パン→牛乳→おかずなどのような一方向のみに食べることが児童生徒に強制された。従わない子には体罰も行われ、管理教育の手段にもなった。
(引用ここまで)

だと? どんだけ田舎の学校だ。昔はひとクラス40人以上がフツーだったんだぞ。教師がひとりひとりの子を、どういう順番で食べてるかなんて逐一監視なんかしてられっかよ。
余程ひとクラスの人数が少なくないとそんな管理できまへん。

大人になって定食とか食べててもさ、はじめのうちに味噌汁をに口をつけようとしてもさ、熱くて熱くて飲めず、仕方なく他のおかずとか、ごはんとか食べて時間稼いで、やっと飲める熱さになった頃にはもう他のものは全部食べ終わってて、最後に味噌汁を一度に飲む、なんてことは時々あった。
少なくとも味噌汁は、西洋料理のスープと同じタイミングで飲む(食べる)ものとは違う。

……とここまで書いて思ったのは、
西洋料理でメインを食べ終わった後、思いっ切り最後に(さすがにデザートよりは前だけど)スープを飲んでみたい!
そんな気がした。

それが反骨精神なのさっ、てウソだけど。
でも、明日の食事にも困るほどのカツカツの生活をしていない限り、スープを最後に飲んでもあまり体には支障はないみたいだ。

もしもめっちゃ空腹で、手足が震えるほど腹ペコになるまで次の食事にありつけないような生活だったら、先にスープを飲んでおくことは俄然意義を帯びてくる。
ひどい空腹でも、スープのような塩味の液体を飲むと、これが不思議にとりあえず落ち着くのだ。
なんか、人間の体がそうできているから。人間皆、塩中毒だから。
そうして落ち着いたところでサラダなりメインなりに、というわけだ。

そう考えると西洋料理で先にスープを飲むのは、理にかなってるっちゃかなってるのだが。

ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR