小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

もろもろ変更しました

職場結婚できない人は、いい人だ。


思うところあってブログタイトルやら写真やら、変更しました。
どこが大冒険やねん、という声もありそうですが。
フツーに「小夏のブログ」とかでもいいんですけども。
でもまあ、あたしみたいな婆にそぐわなさそな言葉だから敢えて使うのだ。
誰がつボイノリオじゃ!!

プロフィール写真は骨董市で買った菊花石です。
例の三角目玉に似てるな~と思いシャレで使ってみました。
前使ってた写真のニャンコは、実は家で飼っている猫ではありません。
でも知らない猫でもない。。。
おかげさまで結構ペットブログの方に訪問いただく機会もありました。

ジャンルもなーこれは前から変えたかったんだけど。
自分の思想を書くブログだからと思い、深く考えず「哲学・思想」にしていたんだけど、どーも何だか……

てことは大カテゴリが「学問・文化・芸術」になる。
するとどうなるか。

ブログやってる人ってやっぱり、その人に興味あるジャンルってことで、
自分のやってるジャンルと同じのを見がちでしょ。
それで「学問・文化・芸術」の人が来たりもするんだけど、どーも何だか……

このブログに無理矢理コメントしようとする人のことは前書いたけど、
逆に「どうだったどうだった」と、無理矢理コメントを求めようとするのもちょっと。
「私の小説どう?」「私の描いた絵はどう?」「私の論文は?」……でもって感性を(論理を、頭の良さを、でもいい)必死で競い合ってる感が何だか……

リアルで学者という人もいた。
夫も同じ学問の学者で、二言目には夫が、夫の説は…とくる。
夫に影響を受けていないアンタの説はどうなの?

大学から(国立なら国から)研究費用も生活費も出してもらえて、
やりたかったことを仕事にできて、
更にプライベートのブログでもその研究に関する内容かよ。

それじゃーやりたかったことを仕事にできずに、
細々と配管工とかしながら、時間みつけて何とかやりたかった研究を続け、
それを趣味とか言われバカにされている奴が浮かばれんわ。

いや、そんなことより。

それって職場結婚ってことでしょ。

独身男女の読者が読みたいのはアンタの研究なんかより、
「私はいかにして職場結婚にこぎつけたか」じゃない?


女子アナはなぜ野球選手と結婚するのか。

ネット上か雑誌か忘れたけど、何かに書いてあった。
アナウンサーは結構野球場に行く機会が多い仕事なんだそうだ。
女子アナにとって野球場は職場であり、これは職場結婚の一形態なのだ。
だから当然の成り行きだ、と。

イチローが女子アナと結婚した時、やくみつる氏が言ってた。
「つまりイチローという人はダブルスタンダードを持つ人なんですよ」
という意味のことを。
ダブルスタンダード、という言葉だったかどうかはもう忘れたけど、
言い方変えりゃ公私混同できる人ってことだ。

別にやくみつるのファンではないけど、これはまちがってないと思う。

だから職場結婚できない人は、公私混同できない人ってことである。
それって社会人としては極めて真っ当じゃん。いい人じゃん。

ふぅ……、やっと1行目に繋がった。


実はフジテレビというTV局は、そんなに嫌いじゃない。いろいろ批判もありますが……
韓流アゲを非難されたり抗議デモとかもあったけど、
最初に「冬ソナ」とか始めたのはNHKだったし、
スポンサーの花王の製品は抗議デモ以前から買わない(以前書いた)けど、
一企業としては他局の番組のスポンサーだってやるだろ。フジでしかあの会社のCMが流れていないわけでもあるまい。

既得権ズブズブの(音楽関連とか何かというと嫁姑の争いに持っていきたがるドラマとか)TBSとか、
NHKに次いで融通きかない学校秀才的なテレ朝に比べりゃ全然マシ。

それよりフジに好感持ったのは、なんか、こんなこと言ってたのを何かで見たから。↓
「同じ能力の美人とブスがいたら、ブスの方を採用する」と。

普通、逆じゃね? 特に男女雇用機会均等法が始まった頃までの一般的な会社では。
職場結婚して辞めてもらって、また若い美人を採用するという。

フジの言い分はこうだ。
「長時間一緒にいるのだから、まちがいがあってはいけない」

女性にもしっかり仕事をさせようとしてくれてるんだと思えてうれしい。
まあアナウンサーとか、人前に出る職種は別かもだけど。
昔の一般企業とはえらい違い。

(7月16日追記:
まー個人の感想です。
各キー局本社を実際に見てきた印象も含む。
フジテレビ嫌いな人もブログに来てくれるのは全然うれしいです)


厳密に言うと職場で友達をつくることも、公私混同ということにはなってしまうが。
アナタが職場の人と友達になる以前に、職場はアナタと労働契約を結んでいるのだから。


学者の人のことをあれこれ書いてしまったけど、
もしかするとここ2年ぐらいの間にリアルで会ったことある人かも。ヤバ…

ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR