小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

「みんな違って~」の意味するもの

「文部科学省の皆さんへ」とな…。
最近改めて話題になった前川前事務次官の退職時のメール。

<朝日新聞デジタル 1/20(金) 18:56 より引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000077-asahi-soci

文部科学省の天下り問題で辞職する前川喜平事務次官は20日、「文部科学省の皆さんへ」と題するメールを全職員あてに送った。同省トップ自ら国家公務員法に違反する行為をしただけに「深く反省する」とする一方、「弱い立場、つらい境遇にある人たちに手を差し伸べることは、行政官の第一の使命だ」として、特に性的少数者への支援を訴えた。
(中略) 
 一方、「ひとつお願いがあります。私たちの職場にも少なからずいるであろうLGBTの当事者、セクシュアル・マイノリティの人たちへの理解と支援です。無理解や偏見にさらされているLGBT当事者の方々の息苦しさを、少しでも和らげられるよう願っています。様々なタイプの少数者の尊厳が重んじられ、多様性が尊重される社会を目指してほしいと思います」とつづっている。

(引用ここまで)

てか、何でそこで唐突にLGBTが出てくるかな。
苦しい思いをしている「少数派」なら他にも沢山あるのに。何でLGBTだけ?
違和感持った人も多かったと思う。
記事は「よくやった」という方向に持っていきたいんだってことがあからさまだけど。

何でか。

別に本人が「それ」なわけじゃなくて、思うにこれはLGBTの方々を味方につけるためでは。
せっかくの辞世の辞? どこからも共感得られずには終われない、
転んでもただでは起きまい、官僚なら発表する文書にはそのぐらい考えてるだろう。

或いは当事者の方々から常々、影響力のある立場の人にそうアピールしてもらうよう働きかけがあるとか。
そう書くと氏本人側も当事者の方々も「そんなこと頼まれてない、頼んでない!」と主張するだろうけど。
今やその方面の方々の勢力は侮れないものがある。
結束固いからね。
マ○コ・デ○ックスが何のバックもなしにあそこまでなれたと思う?
ああマユコ・デトックスね。って誰だよ?

そんな氏が最近、加計問題で再び話題に。

いや~あれ、おとりおとり。

総理ともなると、誰が総理になっても国会やらマスコミやら国民やらに叩かれるのは世の常なんでさ。

そやってアベチャン自ら囮になって自身を叩かせている間に、
種子法廃止やらキョーボー罪やら、あんなことこんなこと通してしまおうって算段でしょ。

目的が他にあるから、叩かれても辛いとか苦しいとか、
感情があまり沸かないんじゃないか。

で前川氏が再び浮上したタイミングで、こんな曲が。




レインボー。
フランス語で言ったらラルクアンシエル。
誰がリッチー・ブラックモアやねん!

うん、明るい曲やね。
…って、明るきゃいいのか?

どことなく「ヤングマン」(そう、「YMCA」!)に似た曲ですね。
曲は明るいけど、詞はめっちゃ重くね?

みんな違ってみんないい、ってそういうことかよ……
てか、この言葉が「主に」LGBT関係の意味で使われるようになることに危惧をおぼえる。
本当はそれだけじゃないはずなのに。

そう言えば「みんな違ってみんないい」系の大ヒット曲「世界で一つだけの花」、
あれ作った人もそっち系でしたね…

そもそも元祖「みんな違ってみんないい」と書いた人はどこの出身?
……などといろんなことが頭の中を駆け巡ってとっ散らかってる。

あたし自身はLGBTの気持ちは正直ワカランけど、否定はしない。
否定したところで人の嗜好は変わらんだろうし。
前の職場にもいたし。
ただなー、彼らが理解される社会を目指す、てぇことは、
まんまと「奴ら」が目指す人口削減政策に乗っかることになるんじゃないか。と。

ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR