小夏の大冒険

ちよつとした違和感から世界の秘密へ思考は冒険する

Entries

ポスト太田龍を探せ!

で。


そのオカマの東郷健とつるんで雑民党から選挙に出ていたクリハラ氏が、のちの太田龍になろうとは、誰が想像し得ただろうか。
(てか、二人はどのあたりで利害が一致し仲間となったのか?)

太田氏がホンモノだったかどうかは意見の分かれるところだ。
ここで言うホンモノとは、商売のため(そう書くと本が売れるから、という助平根性)でなく、純粋に自身が追求した真実を広めようとして言論活動をしている人、と定義しておく。

あたし達はいつも、ホンモノを探してる。
でも、カリスマ的な誰かの説に、「これこそホンモノだぁぁっ!」と全面的に帰依してしまえるほどのものは見当たらない。
これからも見つかるかわからない。
あたし達のそれぞれが、自分こそホンモノだと主張し合ったっていいんだし。
みんな違ってみんないい、ってそういう意味だったのか?


ただ感触として、ニセモノほどしぶとく長生きしている気がする。
その点2009年に亡くなった太田氏や、先日亡くなった鬼塚英昭はホンモノ基準はクリアしていると見るべきか、ホンモノだから消されたのか、単に寿命か。

氏の本は亡くなってからも売れているけど、まああたしみたいに亡くなってから知った人もいるし、
でも出版社としては亡くなった人にいつまでも頼っているわけにもいかない。


太田氏自身や、デーヴィッド・アイクの本を氏が翻訳した本を多く出していた成甲書房なる朝鮮系の出版社がある。
鬼塚氏もここから出していた。

朝鮮系、ということは反日ゆえに日本に陰謀論を広めようとしているのか、という見方も実際ある様子。
もちろん真実を伝えるという理念のもとにやっているのかも知れんが。

ともあれ出版社としては、早く次の売れ線作家を発掘しなくてはならない。

そこで登場したのが、東大卒、野村證券出身の超エリート、落合莞爾だった。

落合秘史と銘打って、京都皇統(って誰よ)から明かされた秘事、とか派手に売り出されている。






その手の本が売れるとなると、他社も負けてはいない。
学研(「ムー」の会社だな)では映像プロデューサー(何じゃそりゃ)の高橋五郎なる人物を担ぎ出し、天皇の金塊・ゴールデンリリーの謎、などと派手に? 売り出す。




二人、仲悪いの?


落合氏はその著作の中ではっきりと「ゴールデンリリーなるものは存在しない。何をバカなことを」と否定。
対する高橋氏は「本から本を作ってんじゃねーよ。自分の体張って得た情報が大事」と。

いや、だからあたし達は本当のことを知りたいだけなんであって、
ガッチリとプロデュースされ地位を確立した(ように見せかけられる)作家センセイ達の争いに巻き込まれたいわけじゃない。


一応、二人の対比表貼っとくね。





たかがブログのために、わざわざこんな表作成してるあたしって一体…


個人的感想ですが、落合氏のは何か、「作りすぎ」の感がある。
小説なら不要な人物は削ることができるが、歴史となると1つの出来事に多くの人が関わってきて、
それが少ししか出番のない人物であったとしても無闇に「登場させない」わけにもいかず、結果としてすごい登場人物の多い話となる。
そんな複雑なストーリーを矛盾なくきっちりとまとめ上げることができる、確かに頭のいい人とは思う。
でも、堀川政略の件もそうだが、話の流れ上都合が悪くなってくると何でも「ハイ偽装逝去」「偽装逝去で本当はまだ生きていて裏天皇として君臨云々…」みたいな話にさせられて、
日本でこれだけやってるってことは他の国でも結構同様ということも考えられるわけで、
そうなるともう何が本当かわからなくなり、
じゃあ歴史の、そして現在の表舞台に出てくる政治上の主要人物は全員レプリカかってことにもなりかねない。

高橋氏の方は、話は面白いがエンターテイメントとして消費されるだけなのか? 学研だけに「ムー」みたいな処理をされて終わるか?
あたし達がいくら実体験を大切にしようとしても、そう簡単にスパイとつき合えるわけでもないし。


いずれにしても、この陰謀論業界? においてさえも、既に世に出ちゃってる人は、
プロデュースされ(仕立てられ)、「できあがっちゃった」存在だということは、↓下記記事からもわかる。
http://amesei.exblog.jp/11033250/


(関連記事:『徳間書店の謎』)


ご案内

プロフィール

小夏

Author:小夏
ご訪問ありがとうございます。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR